コロンボ市内

コロンボ市内

スリランカで移動するとき役に立つ情報をお届けします

スリランカで移動する場合、
バス鉄道スリーウィラー(TukTuk)タクシー
が基本となります。

バスは国営と民間で運営しており、近距離でも長距離でもよく使われています。

鉄道は国営のみで、料金的にはバスよりもさらに安いです。

スリーウィラー(TukTuk)は、安くて手軽でいちばんポピュラーな交通手段です。

タクシーは料金は高いが快適なのでビジネスに使用されることが多いです。

そしてここ最近ポピュラーになってきているのがウーバー。

今回はこれらに関して説明します。

 

バス

バスは赤色の車体の国営のバスとそれ以外の民間運営のバスがありますが、料金は変わりません。

コロンボ市内でも、地方への長距離の移動でも、バスを使うのは非常に経済的ですが、道路状況により予定の時間から遅れてしまう可能性があること、また満員になることも多く疲労等の問題点があります。

日本の安全なバスサービスとは違い、ドアは開けっ放し! どこででも乗れる・降りれる! 乗客がはみ出ている! スピードが非常に速い! 時間に遅れる!等がありますが、スリランカを体験するにあたって、非常に面白くて冒険的だと言えます。

バスに乗り込むと車掌が近づいてきて、行き先を伝えると「**ルピー」と教えてくれます。
近距離だと15ルピーとか20ルピーとおそろしく安い。その場で料金を支払うと切符がもらえます。

日本のバスや電車のように、車内に次の停留所名は表示されませんが、バス停に着くたびに車掌が大声で現在地を教えてくれます。

降りる場所は車掌も親切に教えてくれますが、車掌に行先を告げるのを周りの乗客が聞いていて、着いたときに教えてくれることもよくあります。

バス関連のHP

バス路線、時刻表など

 

鉄道

badulla-train

コロンボーバデゥラ列車

植民地時代に建設されたスリランカ鉄道は、現在ではスリランカ全土で走っています。

鉄道は、本数が少なく、遅れることも多いですが、料金が非常に安いというのが特徴です。

ただし座席数の少ない一等車は1か月ぐらい前に予約しないとすぐにいっぱいになってしまいます。

スリランカの列車は、車窓からの風景が美しいことも人気の理由のひとつです。

中でも、コロンボからキャンディへの「Intercity Express」が人気あります。

「コロンボから各地への路線」

メインライン(Main Line) キャンディ、ヌワラエリヤ方面
コーストライン(Coastal Line) ゴール、マータラ方面
ノーザンライン(Nothern Line) アヌラーダプラ、ジャフナ方面
プッタラムライン(Puttalam Line) 空港、ネゴンボ方面

鉄道関連HP

スリランカ鉄道(時刻検索)

 

スリーウィラー(TukTuk)

どこでも見られるTuk-tuk

どこでも見られるTuk-tuk

インド・タイ等の国々でよくみられるスリーウィラーは、スリランカでも非常にポピュラーな交通手段であり、近距離・中距離によく使われています。

TukTukはスリランカの文化とも言えるぐらい親近感があるものです。
コロンボ市内のショッピングモールでは、そのミニチュアがお土産としても人気を集めています。

でも、TukTukを利用する際に気を付けてほしいことがあります。

外国人は心無いドライバーから法外な料金がふっかけられることがあります。

それを防ぐためには、「Meter Taxi」(メータータクシー)と表示があるものに乗るのをお勧めします。

メータータクシーは最初の0.9キロが50ルピーで、それからの100メートルごとに6ルピーが加算されます。信号待ちや渋滞などで停車時間が長い場合は1分につき2ルピーが加算されますが、コロンボ市内であれば通常100ルピー程度、少し遠くても200から250ルピーぐらいの料金が普通です。

 

タクシー

TukTukとは別に乗用車タイプのタクシーも走っていますが数は少ないです。
一般的には電話して呼ぶことが多いようです。

バジェットタクシー
タクシー会社のリンク

また各ホテルがホテルタクシーを持っています。
車も新しくて快適ですが、TukTukに比べると2~3倍の料金になってしまいます。

 

ウーバー(UBER)

そんな中、最近コロンボですごく便利だと感じるのがウーバー。

UBER(ウーバー)

登録している車も多いので(15年末時点でコロンボで約150台が登録)待ち時間も長くありません。

料金は車のグレードによって30ルピー/kmもしくは50ルピー/km。
クレジットカードを登録しておけば車内での現金のやり取りが必要ないので安心です。
Eメールでルートマップ付きの領収書も送られてきます。

高い方でもTukTukに比べると2倍ぐらいの料金イメージです。

スリランカの交通は時間に遅れがちで、慣れるまでイライラすることも多いと思います。

それでもずいぶんと改善は進んでおり、特にかつては観光客の悩みの種だった『空港⇒コロンボ市内』の移動は、高速道路ができてからかなり便利になりました。(45分から1時間)

そういった新興国なりの不便なところはたくさんありますが、美しい国で、優しい人々が多いので一度行ってみたらやみつきになる人も少なくありません。

スリランカ投資に興味はあるが一人で行くのは不安!という方にお勧めの視察ツアーを準備しております。
ぜひ参加してください!

スリランカ不動産視察ツアー